後悔しないために!注文住宅の選び方について


こだわりの家を造ってくれる業者選び

注文住宅では、業者を選ぶことが重要になってきます。住宅を注文する方は自分の頭の中に理想の家ができあがっていますが、業者はそうではありません。お互いの意見をきちんと相談できる業者を選ぶことで、自分の理想やこだわりをいれた住宅を建てることができます。一般的に、注文住宅を依頼する建築業者は、工務店やハウスメーカーですが、この二つの建築業者には違いがあります。まず、工務店は施主と同じ目線に立って、理想とする住宅をオーダーメイドで建築していくようになります。細かな注文にも対応しやすくなっているので、絶対に外せないこだわりがあるという方は、工務店への依頼が向いています。

ハウスメーカーで注文住宅を依頼する場合は、既に決められているプランや間取りの中から、自分好みのものを見つけてどんな住宅にするかを決めるようになります。どういった間取りがあるのかが選べる仕様になっているため、細かな部分まで決められないという方には心強い業者です。

業者選びに注目したいポイント

業者が建築したことのある住宅を確認したり、完成している住宅の見学をさせてもらうことで、信頼できる業者なのか把握することができます。見学をすれば、どんなデザインの住宅を施工してくれるのかも確認ができるので、業者のデザイン性についても知ることができます。ですが、業者選びのポイントは他にもあるんです。住宅にどんな素材が使われているのか、アフター保証などはあるかどうかも、業者選びの注目する点です。住宅に使われる素材はアレルギーの原因にもなるので、家族の中にアレルギーを持つ方がいる場合は特に気をつかう点になります。また、アフター保証も充実しているかは事前に確認しましょう。

建築デザインをお願いして建ててもらった家を注文住宅と呼びます。東京の注文住宅の依頼は大手のハウスメーカーの他に、設計事務所、工務店にお願いする方法もあります。