起業に賃貸オフィスはアリ?メリットやデメリット


賃貸オフィスのメリット

起業には様々な準備が必要ですよね。もし、自社ビルなどを構えようとすると費用が大きく膨らみます。清掃やメンテナンスなどの管理も自社で行わなければなりません。しかし、賃貸オフィスであれば初期費用を大幅に抑えることが可能ですし、基本的に管理業務は不要で家賃や共益費を払うのみです。またレンタルオフィスと異なり、オフィス内のレイアウトやデザインの自由度が高いのも魅力の一つです。

そして、会社運営が軌道に乗り事業を拡大する場合には移転し易いということもメリットです。賃貸オフィスからスタートし、経営が安定してきたら自社ビルを構える方法も大いに有りです。

賃貸オフィスのデメリット

デメリットとしては長期的に見ると自社ビルよりもコストが高くなることです。家賃などは払い続けなければなりませんし、入居後に家賃の引き上げ交渉をされるケースもあります。また会計上、賃料は経費として落とせますが、自社ビルのように減価償却費の計上は当然ながらできません。

賃貸オフィスの場合、利用時間が定められていたり電話回線の引き込み数に上限が設けられていたりします。自社ビルよりは使い方に制約があると言えます。さらに、移転に伴う引越し費用や移転先での新たな契約金が発生してしまう点もデメリットと言えます。

そして自社ビルを持っていると、銀行から貸付金を受ける際に担保とすることができますが賃貸物件ではそれができません。

起業資金だけでなく長期的に考えて

賃貸オフィスにはメリット、デメリットの両面があります。初期費用を抑えたい、徐々に経営を拡大していきたい方にとって賃貸オフィスは向いていると言えるでしょう。

中央区で賃貸オフィスを探すと狭い物件が目立ちます。面積で妥協してしまうと使いづらいので十分なスペースのある物件を選びましょう。