注文住宅の強みを発揮!工夫しだいで快適なリビングを実現できる!


土地が狭くても大丈夫!

リビングは家族の団らんやお客様との大切なひと時に欠かせない、大切な役割を担っている空間です。とはいえ、土地の広さや家の形状などに制約があると、思い通りのリビングを実現するのは、なかなか難しいかもしれません。この点、自由設計を強みとする注文住宅であれば、自分たちの希望やニーズに合ったリビングすることも、十分に可能です。

例えば土地が狭くてリビングの間取りを広くできないならば、吹き抜けを取り入れた設計にしてみてはどうでしょうか。空間を縦に活用することで、リビング全体に開放感をもたらすことができます。また天井部分に幾つも梁を加えて格子状の吹き抜けにしたり、傾斜屋根にして勾配天井にすれば、空間にアクセントが生まれて、ゆったりくつろぎのリビングが手に入ります。

家族のつながりを重視するならリビング内に階段を!

リビングが単なる家族団らんの空間というだけでなく、日常生活の中心として機能している家庭もあることでしょう。家族が一緒に食事してテレビを見たり、子どもたちが遊びや宿題をする、お父さんやお母さんが翌日の仕事の準備をする等、まさにマルチな空間と言えます。そんな家庭では、リビング内に階段を設置してみてはいかがでしょうか。たとえ2階に寝室や子ども部屋があっても、必ずリビングを通る間取りなので、家族同士が顔を合わせる頻度も必然的に増えます。また小さい子どもがいる家庭であれば、安心感も高まるはずです。なおリビングの階段は蹴込み板のない、スケルトン型がおすすめ。風通しや光彩に優れ、リビング全体の見通しも妨げません。

埼玉の注文住宅は展示場の訪問をすることでイメージを膨らませることができます。実際に家に入って間取りや構造の説明を聞くことができます。