機能性を重視するなら?注文住宅の収納を広くさせすぎない


使い勝手の良い収納場所にしよう

収納場所は多いと便利ですが、多く用意してしまうと、その分住宅の広さも狭くなってしまいます。収納場所だけに気を取られてしまうと、生活するスペースが後回しになってしまうので、まずは自分たちがどの部屋でどんな生活をしているのか、生活動線を取り入れて収納場所の位置を考えてみましょう。寝室となる部屋には、衣類を収納するためのスペースが必要ですよね。ウォークインクローゼットは、収納場所の中で着替えもできるため便利ですが、その分広さも必要になってくるので、それほど収納する衣類はないという方は、通常のクローゼットを設計しましょう。寝室の収納場所は、家族構成によって人数分必要にもなるため、それぞれの収納場所と部屋の広さを確認してから設計を決めてください。

場所によって収納の役割も変える

キッチンや洗面所、玄関など、場所によって収納の用途は違い、収納する物も変わってきます。靴を片付けるための収納を用意している家庭は多く、シューズクロークなどがあると、家族の靴がすべて保管でき、取り出しやすくもなるため便利です。他にもコートや傘、帽子といった外出時に必要となるアイテムを置いておけるので、玄関で身支度を整えることもできます。家族の物が一か所に集中すると、物も一気に増えて、どこに何を置いたのか把握がしづらくなることも。こうした大きめの収納場所を用意しておくことで、物が溢れたり、探し回る手間をはぶくことができます。

洗面台には収納棚がもとから取り付けられていることもありますが、それだけでは少ないという場合は、ランドリーボックスやハンガーラックなどを活用して、収納スペースを後から増やして家族用の収納場所を用意してみましょう。

大阪の注文住宅会社の中には、金銭的な余裕がなくて注文住宅を諦めている人や注文住宅を考えていなかった人にも、丁寧に相談に応じる会社があります。予算に応じて高品質の住まいを提供するので好評です。