賃貸住宅選びでしっかり確認しておこう!3つの重要なポイント


収入に対する適切な家賃について考える

賃貸住宅を選ぶときに、まずどれ位の家賃のところに住むかを考えます。高い家賃を出せば、駅に近くて設備が整った賃貸住宅に住むことができるでしょう。しかし、高い家賃を払うために必要な生活費を捻出できなければ元も子もありません。そこで気になるのが、収入に対する適切な家賃はどれ位なのかということです。一般的には手取り月収の3割以内が、適切な家賃といわれています。例えば、手取り月収が25万円であれば、家賃7万5千円以内の物件を選ぶと良いでしょう。ただし、残った金額で生活費などを賄ったり、貯金にまわせたりできるかを最初に考える必要があります。

周辺の騒音についてしっかり確認する

賃貸住宅に住むうえで騒音の問題はとても重要です。人通りや交通量が多いような場所だと、どうしても騒音が気になってしまいます。すると、ストレスが溜まって快適に過ごすことができません。周辺環境については物件を内見しなくても確認できるので、実際に足を運んで確認してみることが望ましいです。また時間帯によって人や車の流れは変わってくるので、時間をずらして確認することが必要です。

近隣住民の生活音もチェックする

そして、近隣住民の生活音についても重要ポイントです。物件の内見時で確認できると良いですが、タイミングによっては確認することができません。その場合、不動産会社に騒音問題でトラブルになったことはないか確認してみると良いでしょう。できることならば、壁を軽くたたいたり耳を当てたりして、音の響き方をチェックしておくことが望ましいです。

札幌中央区の賃貸、最寄り駅は地下鉄西11丁目徒歩6分大通公園沿い、家賃は7万円台前半です。コンビニ、クリーニング店、飲食店が近くにあり便利です。駅までの8割はロードヒーティングで、冬の通勤も楽です。