長く住み続けられる家づくりのポイントとは


暮らしやすい場所で土地探し

家づくりをするには、まず家を建てる土地を探すことが必要です。もともと持っている土地に建てる方以外は、ここが重要なポイントとなってきます。土地の広さによって建てられる家の広さも変わってくることになりますし、周辺環境によっては家を建てる向きなども変わってくることになります。まずは土地が決まらないと、すべての計画を立てることができなくなるのです。希望の広さや価格であることはもちろんですが、お子さんがいる場合やこれから生まれる場合などは学校などの教育施設との距離や通学路の安全性なども見ていくようにしましょう。普段の買い物などが簡単にできるかどうか、車が必要なら駐車場などに十分スペースがあるかも考えていく必要があります。

今後の変化も見込んで考える

今の時点でベストな家を作れたとしても、家は長く住み続けるものですから、後で不自由さを感じることもあります。後でリフォームして長く住み続けることも考えた造りにしておくことも必要でしょう。後で手すりを付けることを考えてトイレや階段を広く作っておいたり、子供たちが独立してから広い部屋として使えるように、部屋の仕切りが外せる形にしておくなどの工夫もしておくことができます。

無理なく支払える金額か

現在は仕事がうまくいっていて十分払えるローンの額も、何か問題が起こると支払いが滞ってしまうこともあります。また、将来的に支払額が増える形のローンだと、後で苦しくなる可能性が高いです。住まいを失うことがないように、無理なく支払い続けられるか考えて資金計画を立てていきましょう。

ローコスト住宅は一般的な注文や建売住宅とは異なり、低コストで建築可能なところが魅力です。資材や人件費だけでなく建具や設備等を低価格に抑え、広告や宣伝費も最小限にする事で坪単価を低く抑える事が特徴です。